ペアガラス、サッシ、エクステリアなら、横浜の堀越商店へ

神奈川県知事許可(般-18)第 2931号

堀越商店

皆様の大事な家のご相談に
創業60年の技術力でお答えします

神奈川県横浜市瀬谷区宮沢4-21-39
アクセス   メールでのお問い合わせ 

045-350-6660 045-350-6660

よくある質問

 

Q、

窓(サッシ)のはずし方を知りたい。

A、

止むを得ず、窓(サッシ)をはずすときは下記を参照願います。窓(サッシ)は重いので、2人以上で作業するようにお願いいたします。

【1】網戸をはずす はずし方は、網戸のはずし方(引き違い窓用)を参照ください。

【2】障子のはずれ止めを下げる 1.障子のはずれ止め調整ネジを左にまわし、緩めます。 2.はずれ止め部品にドライバーを入れ、障子の開閉に支障のない範囲で、下げてください。 3.調整完了後、緩めたネジをしっかり締めてください。

【3】気密ピースを上げる 調整ネジを緩め、気密ピースを上げます。 ※気密ピースは2箇所あります。

【4】障子をはずす

◆室内側からはずす場合 1.室内側の障子を持ち上げ、下部を手前に引き、はずしていきます。 2.室外側の障子を持ち上げ、下部を手前に引き、はずします。障子を入れるときは、逆手順で行ってください。

◆室外側からはずす場合 1.室外側の障子を持ち上げ、下部を手前に引き、はずしていきます。 2.室内側の障子を持ち上げ、下部を手前に引き、はずします。障子を入れるときは、逆手順で行ってください。

 

Q、

結露がひどいのですが、どうすれば良いですか?

A、

結露は、住まい方や自然環境にも大きく影響します。窓の性能だけで結露を完全に防ぐことはできません。

結露が発生した場合は、床や壁の汚損防止、木部や壁の腐食防止の為に、こまめに拭き取ってください。窓ガラスやサッシ部分の結露は、室内外の温度差が大き く室内の湿度が高い場合に、自然現象として季節を問わず発生します。したがって断熱サッシを使用しても室内外の条件によっては結露が発生する場合が有りま す。 また、新しく建てた家は、木材などがまだ多く水分を含んでおり、室内にも多くの水蒸気を放出します。その為、室内の湿度が高くなりやすく、窓などに結露が発生しやすくなります。

結露を抑えるためには

【POINT1】十分な換気をする

水蒸気量をゼロにするのは不可能です。そこで、室内で発生した余分な水蒸気は、換気扇を回したり窓を開けたりしてこまめに外に排出するようにしましょう。

【POINT2】水蒸気の発生そのものを減らす

室内で発生する水蒸気に無関心だった生活から、発生を抑える生活へ。暮らし方や住まい方を少し工夫することも、結露抑止には必要です。

menu

 

HOME

 

会社概要

 

求人情報

 

コンセプト

 

ガラス・シャッター

 

サッシ

 

エクステリア

 

施工事例

 

スタッフ紹介

無料お見積もり

求人募集

対応エリア

 

横浜市旭区/横浜市戸塚区/横浜市西区/横浜市泉区/横浜市港南区/横浜市瀬谷区/横浜市神奈川区/横浜市鶴見区/横浜市保土ヶ谷区/横浜市港北区/横浜市磯子区/横浜市中区/横浜市金沢区/横浜市緑区/横浜市栄区/横浜市青葉区/横浜市都筑区/川崎市川崎区/川崎市幸区/川崎市中原区/川崎市高津区/川崎市宮前区/川崎市多摩区/川崎市麻生区/横須賀市/厚木市